ドルチェグストよりネオトレビエを選んだ理由

ネオトレビエに決めた理由

ネオトレビエとドルチェグスト。カプセル式コーヒーマシンを検討する珈琲好きは、両方検討すると思います。私も両者を比較して考えましたが、最終的にネオトレビエに決めました。理由は単純です!

コーヒー豆の種類が豊富だから(笑)

私自身、あまりミルク系は飲まないので、ラテ系の豊富さには魅力を感じません。様々な種類のコーヒー豆を味わうのが好きなのでネオトリビエにしました。

コーヒーの味の好みはそれぞれですが、種類が多いとその日の気分でもいろいろ楽しめますよ♪

コーヒーの抽出温度も重要ポイント!

もうひとつ気になったのが抽出温度で、ドルチェグストの口コミを見ると「コーヒーがぬるい」と言う声が必ずあります!公式HPで確認すると抽出されるコーヒーの温度は約70度。確かにぬるめですね。

しかし、これはマシンが悪いのではありません。コーヒーの適温というのは、一般的に65度~70度くらいだそうです。美味しいコーヒーを追及しているからこその70度なんです。

しかし、一般的な日本人は熱いコーヒーが大好き♡
ぬるめの美味しいコーヒーは珈琲専門店などで飲むとして、家では自分好みで飲みたいのですよね。

見た目のデザイン

ドルチェグストはコンパクト設計が魅力なのですが、ネオトレビエのレトロな感じが大好きです。特にブラウンとベージュは、ア古き良き時代のアメリカのダイナーを思い出させるカラーでおすすめ!

自宅でカフェ気分を味わいましょう!

その他にも抽出量やお湯が沸くまでの時間など、比較するポイントはたくさんあります。最終的に、自分の好みやライフスタイルに合わせて選びました。様々な機種のコーヒーが1度に試飲できるイベントでもあればいいのですね~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする