老化の原因と言われる「活性酸素」と「AGE」

老化の原因と言われる「活性酸素」と「AGE」

老化のペースは個人差があるうえに、人によって顕著に表れる部分が違います。それでも、すべての人が避けて通れないもの。その原因に数えられている「活性酸素」と「AGE」について考えてみました。

活性酸素

活性酸素は、私たちの体にとって悪影響しか及ぼさないわけではなく、ウィルスを除去したりする役割も担っています。しかし、不飽和脂肪酸と結合して細胞を酸化させる働きをするので、体を老化させてしまうという影響を及ぼしてしまうのです。

物質が酸化すると黒くなったり、錆びたりすることをイメージしてください。それと同じようなことが細胞にも起こっているのです。

活性酸素が発生する原因は、紫外線や喫煙。特に、煙草を吸っている人は、非喫煙者よりも老化が早いと言われています。また、体の中に悪玉コレステロールが増えることでも発生します。それだけでなく、日々生活しているだけでも、少しずつ発生するものだということです。

発生をゼロにすることはできないので、対策としては健康的な生活を送るだけです。そのためには、軽い運動や栄養バランスの整った食事、ストレスがない生活や規則正しいリズムで過ごすことが求められます。

AGE

AGEととは、終末糖化産物で糖とたんぱく質でできている物質のことです。糖が増えるとそれだけAGEがたくさん生成されるということになります。血糖値が高いとそれだけ老化もしやすいということにつながるので、食事には注意が必要です。

私たちの体内にはコラーゲンがありますが、AGEはコラーゲンが糖と結合することでできます。コラーゲンは若々しい肌の弾力やハリを保つために必要な成分。体内に糖が増えて結合することで、老化が進むことになります。

また、AGEは調理法によっても増えると言われています。特に、揚げ物には多く含まれているので、摂取しずぎには注意しましょう。

食事は糖分の摂り過ぎには気をつけないといけませんし、甘い飲み物を飲むのも控えた方が良いでしょう。血糖値の上昇を予防することも大事ですから、食後は軽く運動をすることもおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。