部位別ニキビの特徴と考えられる原因

ニキビはできる場所で原因が違う!?

ニキビっはひとつつあるだけで、ものすごくテンションが下がる嫌なもの!せっかくのお出かけの朝に、ポツッと出ているだけで気分が悪くなりますよね。

でも、ニキビは自分の体の中から出てきているもの。何かの原因があるはずです。

おでこにできるニキビ

おでこは、もともと皮脂の分泌が多い部分です。そして、前髪などで汚れやすいため、一度できるると治りにくい場所なのです。

ニキビができてしまうと隠したいと思う人も多いですが、前髪で隠しているどんどん悪化してしまいます。せめて自宅にいる間だけでも、はおでこを出して清潔に保ちましょう。

生活習慣やストレスなどの改善も大切ですが、それ以上にシャンプーのすすぎ残しやメイクの落とし忘れがないように気をつけてください。

フェイスラインのニキビ

フェイスラインのニキビは、思春期よりも大人になってから悩む人が多いです。ニキビは皮脂の過剰分泌で発生すると言われていますが、フェイスラインのニキビはどちらかというと肌の乾燥が原因でできてしまいます。

また、フェイスラインのニキビは、胃腸の働きが低下しているときにできやすいとも言われています。血液の循環が悪くなったり、血流が悪くなったり、体の負担がフェイスラインに影響をしてくるのでしょう。

そのため、生活習慣を改善したり食生活をきちんとすることで、意外と簡単に気にならなくなることもあるようです。

あごにできるニキビ

一度できてしまうと悪化しやすいのが、あごニキビの特徴。おでこや鼻などと違い皮脂の分泌が少ない部分ですが、化膿しやすいので厄介です。

あごにできるニキビの大きな原因は、ストレスだと言われています。日常生活のストレスや睡眠不足による体の疲れ、そしてホルモンバランスの乱れによってできやすくなります。

また、男性であれば、毎日の髭剃りも原因のひとつと言われています。

あごにできたニキビを早く改善するためには、ビタミンなど美容にいい栄養をしっかりと摂ることです。歯磨きしてタオルで拭いた後は、もう一度保湿しておくこともおすすめです。

背中ニキビとは

意外にニキビができやすい部位と言えば、背中です。背中ニキビの原因は様々あり、寝汗が原因の場合や、洗濯洗剤や柔軟剤、シャンプーのすすぎ残しなどが挙げられます。

洗濯洗剤や柔軟剤でニキビができるのは、衣類が密着する部分だからこそ!さらに、夏はもちろん、冬も暖房の暖かさで汗をかいてしまうことも多いため、ニキビの原因となってしまうこともあります。

背中ニキビを改善するためには、顔と同じようにしっかりとしたケアを行うことが大切です。お風呂上りには、忘れずに背中の保湿も欠かさないようにしましょう。