赤ちゃんの便秘に効果的な3つの方法

赤ちゃんの便秘はママの悩みのひとつ

便秘を改善するには食物繊維をたくさん摂ればいいと言いますが、赤ちゃんだとそういうわけにもいきません。赤ちゃんはたくさん汗をかくため、まずは水分補給を気をつけましょう。

1.離乳食で工夫を

離乳食がはじまっている月齢なら、サツマイモやキャベツなどを柔らかく煮込んだスープなどがおすすめです。

おやつにちょっと甘いもの食べさせる場合は、オリゴ糖を使ったものに替えるのもいいですね。上白糖よりカロリーも少ないので、離乳食の味付けなどにも使ってみてください。

2.赤ちゃんの便秘に効果的と言われる砂糖水にも!

赤ちゃんが便秘のときに、砂糖水を飲ませてみようと思うママも多いです。これは古くから伝わっている方法で、砂糖水が腸内に水分を溜め、便を柔らかくしてくれる効果があるからなんです。

混ぜる砂糖の割合は、5%から最高でも10%程度。上白糖でもOKですが、腸内環境を整えてくれるオリゴ糖もおすすめです。

ただし、毎日飲ませるのはNG!何日も出ない便秘のときに試すだけにしましょう。

3.赤ちゃんの便秘に綿棒で刺激!

赤ちゃんの便秘を改善するために、綿棒で刺激してあげるというのもひとつの方法。やり方は、オリーブオイルやベビーオイルなどを赤ちゃんの肛門に塗って滑りを良くし、綿棒で刺激するだけです。

ですが、赤ちゃんはとても小さな体ですから、無理に行って直腸に傷をつけてしまっては大変!

排便を促すための刺激を与えることが目的ですから、便秘で赤ちゃんが苦しんでいるとき以外は行わないようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。