無農薬野菜と有機野菜 何が違うの?

有機野菜と無農薬野菜の違い

食育という言葉がメジャーになる中で、有機野菜や無農薬野菜が知られるようになりました。通常スーパーなどで販売しているものと比較すると、3割から4割ほど値段は高いにも関わらず購入者が増加しています。

「何となく身体に良い気がするから、安心・安全」

そういうイメージがありますが、有機野菜や無農薬野菜の定義が何なのか分からない人も多いのではないでしょうか?

有機野菜
有機野菜とは、種まきや植付けの2年以上前に化学肥料や農薬を避け、堆肥による土づくりを行った土壌で生産された作物で、国が認めた登録認定機関によってJAS認定を取得した作物だけを指しています。

無農薬野菜
無農薬野菜は、栽培期間中に農薬を使用せず作られた作物を指します。しかし、近くで使用した農薬が検出されたりすることも多く、現在では「無農薬栽培」という表示は禁止されました。

特別栽培農産物
JAS認定されていないけど、農薬を控えたり無農薬で作った作物は「特別栽培農産物」と呼ばれることになります。しかし、あまり世の中には浸透していませんね。

安心できるものを食べたい!

何となく名前を聞くと、有機野菜も無農薬野菜も同じように錯覚してしまいます。大きな違いはJAS認定されているか・いないか、かもしれませんね。

そして、どちらも農薬をたっぷり使った作物と比較すると安全性は高そうです。産地偽装やブランド名の偽装などが問題になっている現代の食品事情の中で、より安心で安全なものを求める消費者にとっては貴重なものですね。