【ハリオ】ドリッパーポットカフェオールの口コミ 美味しいコーヒー生活

ハリオ ドリッパーポット カフェオールを買いました!

数年使っていたステンレス製のコーヒーフィルターがくたびれてきたので、新しくハリオの「ドリッパーポット カフェオール」を購入!

以前使っていたフィルターの商品名は覚えてないんですが、同じ豆でも違いがあったので口コミします。

耐熱ガラス製のポット付き

コロンとした形が可愛い耐熱ガラスのポット付きです。2杯分しか作れませんが、大人数で飲むことはない自宅用なので問題ありません。

しかもこのポット、フィルターを外せば電子レンジにかけれるんですよ!一度コーヒーで使いましたが、その後は緑茶や紅茶ポットとしての出番の方が多くなってます・・・。

特殊な曲線でスムーズにコーヒーを抽出!?

このハリオのコーヒーフィルターはステンレス製なのですが、独特のカーブが付いています。お湯を注いだコーヒーが一点集中するように設置されていると考えられます。

以前のものはシンプルなステンレスメッシュタイプだったのですが、そちらと比べると抽出スピードが速く感じます。

以前使っていたステンレス製コーヒーフィルター

コーヒーの味の変化は?

濃さは粉の量で調整していますが、以前のものと比べると少ない量で濃い味が作れるようになりました。だから、ちょっとお得感がありますね♪

あと、ペーパータイプと違ってメッシュタイプは沈殿物が避けられないのですが、その量が以前の半分以下になりました!でも、コーヒーオイルはしっかりと確認できています。

新しいの買ってよかった♪

以前のものを使い始めたときは、メッシュタイプのコーヒーフィルターはまだ珍しかったのですが、数年でかなり進化したんですね~。思い切って新調して良かったです。

ただ、ガラスポットにコーヒーを抽出したとき、カップに注ぐ前にフィルターを外すことをおすすめします。(粉が混ざっちゃった・・・)

ドルチェグストよりネオトレビエを選んだ理由

ネオトレビエに決めた理由

ネオトレビエとドルチェグスト。カプセル式コーヒーマシンを検討する珈琲好きは、両方検討すると思います。私も両者を比較して考えましたが、最終的にネオトレビエに決めました。理由は単純です!

 

コーヒー豆の種類が豊富だから(笑)

 

私自身、あまりミルク系は飲まないので、ラテ系の豊富さには魅力を感じません。様々な種類のコーヒー豆を味わうのが好きなのでネオトリビエにしました。

コーヒーの味の好みはそれぞれですが、種類が多いとその日の気分でもいろいろ楽しめますよ♪

コーヒーの抽出温度も重要ポイント!

もうひとつ気になったのが抽出温度で、ドルチェグストの口コミを見ると「コーヒーがぬるい」と言う声が必ずあります!公式HPで確認すると抽出されるコーヒーの温度は約70度。確かにぬるめですね。

しかし、これはマシンが悪いのではありません。コーヒーの適温というのは、一般的に65度~70度くらいだそうです。美味しいコーヒーを追及しているからこその70度なんです。

しかし、一般的な日本人は熱いコーヒーが大好き♡
ぬるめの美味しいコーヒーは珈琲専門店などで飲むとして、家では自分好みで飲みたいのですよね。

見た目のデザイン

ドルチェグストはコンパクト設計が魅力なのですが、ネオトレビエのレトロな感じが大好きです。特にブラウンとベージュは、ア古き良き時代のアメリカのダイナーを思い出させるカラーでおすすめ!

自宅でカフェ気分を味わいましょう!

その他にも抽出量やお湯が沸くまでの時間など、比較するポイントはたくさんあります。最終的に、自分の好みやライフスタイルに合わせて選びました。様々な機種のコーヒーが1度に試飲できるイベントでもあればいいのですね~。