無農薬野菜と有機野菜 何が違うの?

有機野菜と無農薬野菜の違い

食育という言葉がメジャーになる中で、有機野菜や無農薬野菜が知られるようになりました。通常スーパーなどで販売しているものと比較すると、3割から4割ほど値段は高いにも関わらず購入者が増加しています。

「何となく身体に良い気がするから、安心・安全」

そういうイメージがありますが、有機野菜や無農薬野菜の定義が何なのか分からない人も多いのではないでしょうか?

有機野菜
有機野菜とは、種まきや植付けの2年以上前に化学肥料や農薬を避け、堆肥による土づくりを行った土壌で生産された作物で、国が認めた登録認定機関によってJAS認定を取得した作物だけを指しています。

無農薬野菜
無農薬野菜は、栽培期間中に農薬を使用せず作られた作物を指します。しかし、近くで使用した農薬が検出されたりすることも多く、現在では「無農薬栽培」という表示は禁止されました。

特別栽培農産物
JAS認定されていないけど、農薬を控えたり無農薬で作った作物は「特別栽培農産物」と呼ばれることになります。しかし、あまり世の中には浸透していませんね。

安心できるものを食べたい!

何となく名前を聞くと、有機野菜も無農薬野菜も同じように錯覚してしまいます。大きな違いはJAS認定されているか・いないか、かもしれませんね。

そして、どちらも農薬をたっぷり使った作物と比較すると安全性は高そうです。産地偽装やブランド名の偽装などが問題になっている現代の食品事情の中で、より安心で安全なものを求める消費者にとっては貴重なものですね。

ベビーソープの選び方【泡・液体・固形それぞれの特徴】

幅広い人に人気のベビーソープ

新生児は角質層が薄くてデリケートなだけではなく、皮脂分泌量が多いことから毛穴に汚れが詰まりやすい状態となっています。清潔に保たなければ湿疹などの原因となるため、毎日お風呂に入れることが大切です。

そんな中でベビーソープはいつまで使うのか気になるところですが、取扱説明書でも特に使用期間は定められていません。
多くの製品は無添加で赤ちゃんでも安心して使用できる優しい成分で作られていることから、大きくなるまで使い続けるケースがあるのはもちろんのこと、肌が弱いお子様や大人でも使用する人がいます。

「ベビーソープはいつまで使うの?」という声をよく聞きますが、肌に合っていればどの年代の人にもおすすめできます。

新生児には手早く洗える泡タイプが人気

新生児のお風呂は手早く済ませる必要があるため、少しでも時間を節約できる泡タイプのベビーソープがおすすめです。
ただし、一部の製品には泡立ちを良くするために界面活性剤を含有していたり、汚れをしっかり落とすために洗浄力の強い成分が使用されている場合があります。

お肌が敏感な赤ちゃんに使用する場合は様子を確認しながら使用するか、自然由来の安全な成分のみを配合した製品を選びたいところです。




液体タイプはラインナップが豊富

液体タイプのベビーソープは、各メーカーからさまざまな種類が販売されているためラインナップが豊富なのが特徴です。
お肌にやさしい天然由来の成分を使用しているのはもちろんのこと、洗い上がりもしっとりする保湿成分が含まれているものもあります。

また、髪にも身体にも使える全身用やリラックスできるアロマの香料が入ったものをはじめ、一切の香りがしない無香料商品も人気です。
さらに、コラーゲンやスクワランなど、ママのお肌も同時にケアできる保湿力抜群のソープも支持を集めています。

コスパ抜群の固形石鹸は汗の多い時期におすすめ

昔から愛されている固形石鹸は、液体タイプと比較しても洗浄力が高くすっきりと洗い上げられる製品が多いです。水滴に気をつけて保管すれば無駄に溶けることも防げるので、コスパも抜群です。

しかも、水に濡らして洗浄に使用する布やスポンジに擦り付ければ、あっという間に泡立つところも嬉しいポイント。汚れをしっかりと捉えながらキレイにできるので、特に夏場など汗が多く皮脂汚れが発生しやすい季節におすすめです。

乾燥が気になるときはホホバオイルやオリーブオイルなど、保湿成分をたっぷり配合した製品を使いましょう。

弱酸性とアルカリ性の違い

アルカリ性のベビーソープは、皮脂の分泌や汗による汚れをしっかりと落としてくれます。しかし、脱脂力が強いため、汗をたくさんかいた日や、乳児湿疹の防止をしたい際に限定して使用するなど工夫が必要な場合があります。

弱酸性のものは、低刺激で肌に優しい使い心地が特徴。生後3ヶ月程度を経過して皮脂の分泌が下がってきた頃に向いていますが、肌に近い成分の製品は洗浄成分が残りやすい傾向にあるので丁寧にすすぎを行いましょう。